Nanoのはてなブログ

日常のおもしろいこと。考えた色んなこと。

三浦春馬さんのことをつい考えちゃうよね

 正直なところ、最近まで興味がなかったというのが本音である。

 しかし、動画でキンキーブーツ のローラを見たとき、この人は本物だと思った。声がほんとにいい〜。

 お前の目が節穴と言われてしまうかもしれないけれど、実は三浦さんはいわゆるイケメン俳優(お顔の印象が強く、シンボリックでそこが1番の魅力の俳優さん)ではないと思っている。どちらかというとクセのないきれいなお顔をされていたので、何にでも染まれる、役者向きのいいお顔だったと思う。

 お顔も演技ももちろん素晴らしいのだが、この人の常人離れしたところは歌声だと思う。黒人に近い厚みのある高音がすんばらしかった。高音て細くなりがちなんだけれども、バリバリ日本人のサムライ体型であれを出せるとは本人の努力もあると思うけれども、こればかりは天武の才だったと思う。つくづくほんとに惜しい出来事だったと思う。これを言ってはだが、時間が遡って欲しいと思う。

 

 各種報道でご家族についても触れられているが、これは本当にやめてあげて欲しい。ご家族は今耐えがたい、受け入れがたい悲しみの底にいることは間違いない。そんな人達のこと会ったこともないのに記事やらそれについてのコメントやらをあれこれ恥ずかしげもなく書く人達の神経を疑うというか、書いている時点で関わりを辞めた方がいい人発見器状態なので、まぁ逆にいいのかも。ほんとに恥を知らない人って多いのだなと思う。

 春馬さんと出会わせてくれてありがとう、産んで、育ててくださってありがとうという思いは抱いても、間違っても批判する気持ちになんてなれる訳がない。それを…お察しである。

 

 とは言っても春馬さんなぜ、というクエスチョンは私も止まらない。色々な妄想も広がってしまう。(以下私の想像も書いてあるので、気分が悪く感じられた方は読まないでください。)

 もちろん私はスターになったこともなければ、経験してきたことも違うので、当然ご本人がどんな思いでいらしたのかは分かるはずもない。

 それでも同年代のキラキラした成功をつかんだ人がなくなってしまったこと、悲しいというか悔しいというかそんな感情である。自分の少ない経験の中から、あの時のあんな気持ちに近かったのかな、こんな状況に似てたんじゃないかなんてがんばって少ない経験値からパズルの余白を埋めようとしてしまう。分かるはずもないのだが。

 でも30歳くらいになると、誰しも色々もがいてきた歴史を持っているはずで幼少期から背負ってきたもの、過ごしずつ下ろせてくることも多い気もするのだ。春馬さんも色んなことに折り合いはつけながら生きてきていたんではないかと思う。

 個人的な妄想でしかないのだが、春馬さんは人よりアンテナと発信器が強い人だったのではないかと思う。春馬さんは器用な方に見えるので、大量に入ってくる色んなことを時にはうまく、時にはなんとか、処理してこられたのだと思う。

 春馬さん色んなインタビューを見る限りとても真面目な方である。

 アンテナが鋭い人は人より多くの情報を得てしまうので、処理に非常に難儀することが多い。というよりいつもその処理に追われていると言っても過言ではない。側からは余裕があるように見えても、頭の中がフル稼働、ともするとパニックで疲れ切っていることが多いのだ。性格的なものとして、他の人以上に常に切迫感というのと隣り合わせで生きていた可能性もあるなと思う。

 そして一人になると翌日までの短時間で頭の中の大量の情報の棚卸しをしなくてはいけない。自分の思い、本能を覆い隠すほどの情報やそれに付随する感情を処理する必要がある。

 気を休められなかった…のではないか。混乱する頭の中で衝動的に、とは言えないが、もしもその日、飲み会があったら、誰かから電話があったら、テレビをつけたら面白い番組だったとか、何か今とは違った現実もあったんじゃないかと想像してしまう。そして新たな人生のステージを迎えられたらもっとより新しい春馬さんが見られたのではないかと…。

 亡くなられた人の気持ちを邪推するなんて、自分自身とんだ悪趣味だとは思うが、まだこの考えのループはもうすこし、続いてしまいそうな気もする。

 

 天馬のように美しく、強く生き抜いていた春馬さん。今はただ、ただ、ご冥福をお祈りするのみである。

SNS叩きというやつ

 インターネットの進化のせいなのか、SNSパソコン通信ネット掲示板、メール、などなど、これまでのツールに比べて遥かに遠い人と人を身近に結びつけられるようになった。

 例えば芸能人なんて、私たちが直接交流する事ができなかった人たち。つまり生身の人間が事務所の作ったキャラクターを着て商売をしている人たちなので、これまでは固くベールに閉ざされて本人やその本質に触れる機会などなかったのだ。

 そもそもSNSは友人、家族、知人なんかとやりとりをすることがコンセプトに設計されているものが多い。通常通りに生きていたら、敬語で接する人や話したこともないような立場も環境も違う人が頻繁に触れ合う機会を与えている。

 それ自体はコミュニケーションを広げたり、社会の成熟に役立つだろう。

 しかし、一つ致命的なのは相手が見えないということだ。Twitterはもちろん、引っかかりやすいのはInstagram。目の前の写真には相手がいるのだから。でも実際の相手とは違う。

 あんたそれ本人前にして言ってたら品位を疑うよって言うようなびっくりするような内容がフツーに書き込まれている。

 LINEで送れないようなことを書くなよ…とびっくりする。

 それで訴えられて、驚いている方にびっくりする。どこまで許されるのか理解できないということに…。

 書き込む前に想像してみて欲しい。「自分の家の壁」に「あなたが書こうとしている」ことが書かれたら「どうなるのか」。

 本人が見てるんだから本人に面と向かって言えないようなこと書くなと思う。

 

 

M 愛すべき人がいて を読んでみた。ネタバレありかも

自粛期間が続いているので、アベマでM〜を見てみたら意外とハマってしまったのでオチが知りたくてキンドルで買ってみた。

 

ドラマの方は田中みな実さんなどがキレッキレの芝居をしているが 笑、本の方はちゃんと真面目な内容でした。

 

内容として面白いか?といえば、まぁ面白い。歌姫のサクセスストーリーがベースなので取ったからどう読んでも面白いし、近年ボヘラプやロケットマンのようなスターの伝記物が流行っているが、それに近い感じもあり、ドラマにすると あゆ のヒットソングが絶妙な使われ方をしてるので、またあゆが聴きたくなってしまう。

 

以下ネタバレあり

 

私は小学校高学年から中学生まであゆど真ん中世代だが、CDがなかなか親に買ってもらえなかったのでCMであゆを聴く程度だった。

初めてレンタルできたのがMだが、本書を通読してもはやマサ氏との関係の終盤に作られた曲と考えると完全にピークを逃している感もあるが、あゆは最初こそギャルのカリスマとして持ち上げられていてイマイチ馴染めなかったが、もう少し中3くらいの楽曲になるとあゆが好きだというロックな曲も増えてきて、あゆすげぇ!かっこいい!となったのは覚えている。

 

本書ではマサ氏との関係も赤裸々に描かれているが、思い出したのはスター誕生である。あの話にそっくり。あとはオペラ座の怪人ですね。やはり音楽業界ではよくあるモチーフなんだなと思う。

 

私は未だにあゆは○がせ君が1番お似合いだったと思ってる人です。

まぁそこは個人の意見があるのでなんともいえませんが。

ではでは。本日はここまでにしようと思います。

【宿曜】FF7のキャラクターの宿曜を考察してみる。敵、仲間たち編

前回の続きで考察してみたい。

今回は、宿敵セフィロス、そして仲間たちをできるところまでやってみたいと思う。

(前回はクラウド:虚宿

   エアリス:觜宿(業胎)

            ティファ:底宿(友衰)

と予想)

 

まずはセフィロス

クラウドとの関係を考えるとまず間違いなく安壊だろう。

壁、房、鬼、箕、胃、張

が出てくる。この中からなさそうなものを除くと、平和で温厚な壁宿、スター性はあるがピュアでエネルギッシュな鬼、熱血で一直線な箕あたりはまずないだろう。

そうすると、残るは房、胃、張である。

いずれも実力者が多いが、胃に関しては判断基準が義憤と快楽であることと、もし悪役になるとしたら、愛嬌のある大魔王系、わかりやすく悪者なバイキンマン的な感じになると思うのでやはりないだろう。

張に関しては、たしかにエリート気質でヒロイックというところはあるが、実は行動基準が世間の目であり、虚勢を張っているところがある。

セフィロスに関して言えば判断基準は世間というよりも自分にありそうなので、冷徹なエリートにもなれる実力者の房宿が妥当だと思う。

房宿はスター性もあり、かつ真の実力で世の中を屈させる力がある。かつ上品で上流階級が似合い、手の届かなそうな魅力がある。(セフィロス様〜という呼び方が似合う。)

そして、張宿みたいに

人によく思われるため、すごいと思われるために行動するのではなく、自分が正しいと思うことを着々と実行に移していく。

そんなところでおとしてみた。

 

次は仲間たちを簡単に考察してみたい。

まずはバレット

クラウドとは気が合うマブダチというよりは切磋琢磨してハッパをかけあう仲に見えるし、クラウドが自分を取り戻した後もやはりマブダチではないだろう。なので成危の関係だと思う。

奎宿、心宿、柳宿、尾宿、婁宿、星宿だか、このラインナップを見る限りは間違いなく一本気で熱い闘志を秘めている尾宿だろう。

数々の暴走や「俺たちの乗った列車は途中下車できない」なんて尾宿が言いそうなセリフである。

 

つぎにナナキ

ナナキは最初は大人の老成した男性のような振る舞いだが、のちに分かる素顔では無邪気で人懐こく、そしてみんなとも分け隔てなく仲の良い様子がわかる。なのでここはクラウドとの相性というより、ナナキのパーソナリティとして考えると神秘的な雰囲気もある昴宿あたりが妥当か。

 

少し疲れたので続きはまた次回

 

 

【宿曜】FF7のキャラクターの宿曜を考察してみる。主人公、ヒロイン編

ついに発売されたFF7リメイク。

うちはPS4がないので、アプリ版のFF7をやり直している。

やはりストーリーが凝っているし、やり込みもできるし、何よりキャラクターが立っていておもしろいな〜と思う。

 

GWはステイホーム週間ということで、クリアまでの合間を縫って、暇つぶしに各キャラの宿曜を考察してみた。

独断と偏見による遊び半分なので異論はあると思いますが、生暖かくご覧ください。笑

 

ではさっそく考察に入ってみよう。

なんせキャラが多くて、しかもどのキャラクターも多面性があるもんだから、一人ずつ考察していくとキリがない。

そこで、クラウドを起点にしてその関係性から考察してみることにした。

 

ということでまずは主人公のクラウド

これは…みたまんまで申し訳ないが

「虚宿」

ではないかと思う。

普段は強気なところがあるが、急激に弱気になってみたり、なにより根本的に自信がないというところを見せたがらない鬱屈したところはかなり虚宿っぽいと思う。しかし、開き直った虚宿の底力はすごい。暗さの中に明るさがある。そんなところで、虚宿としてみた。また、虚宿は時にスターとなったり(清原やマドンナなど)道を誤ることもある。そして基本的には一匹狼体質だ。この辺で妥当な感がある。

 

次にヒロイン1 エアリス

これは色々考えた。まずは古代種という星と繋がれる神秘的なところから、品の良さを感じる。そして、裏表のない明るさややさしさ、積極性。人懐こさ等々…良い性格の特徴ばかりである 笑。

 この辺を総合すると奎宿、角宿、觜宿あたりが出てくる。ただ、奎宿はもう少しおとなしく、本音を言わない感じがする。

 角宿だともっとあっけらかんとして、泰然自若というか、なるようになるさー的な明るさがある気がする。

 なにより、ヒントになるのはケットシーの占いだ。

 クラウドとは「相性ばつぐん」なのである。

 かと言って、クラウドの栄親の宿中には当てはまりそうなものはないし、品の良さや知性、明るさ、裏表のなさ、そしてちょっとお姉さん的にぐいぐい引っ張ってくれるところからすると、栄親のラッキーパーソン的な相性ではなく、「縁が深い」という意味で業胎の觜宿あたりに落ち着きそうな気がするのだがいかがだろうか。

 二人を見てもシンパシーを感じる間柄の方が近いし、後で考察する予定のクラウドの親友かつエアリスの元恋人ザックスとの相性も考慮するとこの辺りでおとしてみた。

 

そしてヒロイン2 ティファである。

まずクラウドとティファの関係を見て感じるのは、「もともと属しているグループが違うし、ティファの方は全くクラウドを意識していなかった。」感、ティファは「地元ではいつも男の子に囲まれていた。」そして「つるんでみると意外と似たもの同士である。」ということである。これは友衰の特徴な気がする。

 

クラウドから見た友衰というと、斗宿、昴宿、翼宿、室宿、底宿、井宿である。

 この中でまず全くなさそうなのは、室宿と井宿かなと思う。

 ティファのキャラクターとあまりにかけ離れた精神的に緻密でタフな宿なので。

 ティファといえば、「ブレること」である。

 あとは地元時代からもいつも男の子に囲まれていたように、「モテる」ということだ。

 そう考えると凛として意思の強い斗宿や翼宿は外れる。どちらもモテはしても男の子に囲まれているイメージはない。 笑

 

 残るは底宿と昴宿である。

 ここで、現実世界の話を取り出して申し訳ないのだが、それぞれの宿の代表的な人物を考えてみたい。

 昴宿はベッキーさん、新垣結衣さんなどである。

 底宿は石原さとみさんを、はじめとして男性受けする美人が多い。

 底宿というとどっしりした親分肌なイメージが強いかもしれないが、現実では意外といわゆる美人でモテる人が多いのだ。しかもそんなに気が強そうな人も少ない。

 昴宿はベッキーさんや新垣結衣さんなど、本当に心根まで綺麗そうな人が多いのだ。邪気がない感じ。

 一方、底宿は邪気は感じても表に出さず、コントロールできる人が多い。

 また、打って変わって神羅ビルで捕まっている時、エアリスとクラウドのデートの約束を知ったティファの反応は「ふ〜ん、そういうことだったのか」である。

 これは昴宿だったら「がーん!そうだったんだ…(心の声)」

 そして、うろたえるものの、口には出さない。か隠そうとしてもショックは隠しきれないが言えない…な反応になる気がする。

 底宿なら意図したわけではないが、思わず言ってしまう可能性はある。そして、無意識のうちに男に「怒らせちゃったかな、やべっ」と感じさせる 笑。

 この辺を勘案してティファは底宿ではと思うのだが、いかがだろうか。

 ちなみに心宿というのも考えたのだが、これは昴宿も同様、この2つの宿はそもそも攻撃手段として「格闘技」を選ばないような気がする。そして心宿ではエンディングまでロックハートして、真実を語ってはくれなさそうな気がするので外してみた。

 

長くなったのでここまでにするが、今回はクラウドとヒロインふたりについて考察してみた。いかがでしたでしょうか?

 

続きは別記事やろうと思います!

 

 

 

今日も満員電車で通勤ですが…

仕事柄出勤は仕方ないのですが…

 

電車内ある駅を越えるとちょっと空いてくるんです。

 

みんなくっついて座ってたり、真隣に立ってきたりする。

 

こんだけニュース見ててなんでソーシャルディスタンスを知らんのか?!

 

くっつくな!離れろ!

 

のほほんと並んで座ってる方々(体調不良者を除く)あんたらのマスクの側面は鋼鉄ガードなの?!

 

あと咳が出るなら仕事は休もう!

 

ほんとニュースみて不安になる割に牧歌的な人が多いこと多いこと…。

 

エスカレーターでもくっつくな!

 

せめて2個分開けてたとうよ…。

日本終わっとる…

昔から安倍が大嫌いです。

こいつ自分の能力で得たものが何もないやつじゃん。守ってもらえないと何にもできないデクの棒。昭恵さん?論外。

私の予想ではあと2週間もしたらお腹イタイイタイなって消えるんでは?と思っております。

一方小池さんは好きです。政治家として強いから。

安倍が総理になってから一度も自民入れてません。野党が弱いって人もいるけど、政策ちゃんと読んでるのかな。自民よりよっぽどまともなこと書いてる政党もあるよ。

国政選挙でも自民のあげる政策って全く生活に密着したものはない。なのに盲信的に自民に入れる人たち、何考えてるんだろう?もともと自民党ってそういう政党だと思ってた。

今回のコロナ禍でようやく目が覚めた人も多いのではないでしょうか。

でも次の選挙までにもしもコロナが落ち着いて、必死の自民の目眩し政策によってまた目がくらんじゃう人沢山いるんだろうな〜。

ヤフコメとかみてると、日本てほんと声の大きな人に振り回されてる国だと思います。

こんな国が自分の母国だと思うとほんと悲しくなります。

 

今日の都内の感染者数20代から60代がほとんどじゃないですか。若い世代が遊びに行ってるからじゃない。これ、単に現役世代が罹ってるだけですよ。

高齢者の方々は自宅に居られる。でも現役世代は「自粛したくてもできない」んです。会社クビになっちゃうから。

このまま続くと間違いなく現役世代減ります。少子高齢化ますます進むやんけ!アホか!