読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nanoのへんなブログ

日常のおもしろいこと、

ディズニーオタク、ディズニー映画を語る。1

先ほど書いた、ディズニー作品を紹介するの、おもしろそうだからやってみようかと思います。昔のから順番にさかのぼっていこうかナー。

主に魅力を伝えていってみよう。ディズニー、大人でも楽しめます。

むしろ、子供の頃は何も考えずに見ていた物が、大人になると違うポイントで泣けたりするのです。ディズニーマジック☆

まだ見ていない作品がありましたら、興味を持っていただけると幸いでーす。

 

第一章 ウォルトディズニー爆誕。

ユニオン・パシフィック鉄道鉄道員でカナダ生まれのイライアス・ディズニーと、ドイツ人とイギリス人の血を引くフローラ・コールの4番目の子としてシカゴで生まれた。父イライアスは元々カルフォルニア州で金鉱を探して暮らしていたが、妻のフローラのために定職を求めてカンザスフロリダ州に移り、後に仕事の関係でイリノイ州シカゴへと移住していた。しかしウォルトが幼い時に一家は叔父のロバート・ディズニーの住むミズーリ州マーセリーンへ更に引っ越して農業を始めたので、結局の所はミズーリ州で少年期を過ごす事になった。

長いので飛ばします(笑)。(↑出典:wikipedia

短編はあんまり網羅していないので、長編から。

 

1.白雪姫

f:id:nano62:20170520225405j:plain

 白くて美しい肌、赤い唇、豊かな黒髪。そして若さ。この作品の息の長さから、女性に求められる美はこの3つに集約されるのだと分かります。その3つが普遍の美しさなのです。

 白雪姫が小人たちに作ってあげるスープがおいしそう。後、この映画をみると無性に皿洗いがしたくなるのは私だけでしょうか。

 それにしてもこの映画のヴィランズの女王は人一倍美への執着が強いが、なぜ変身後は老婆になってしまったのだろう。変身できるならば、若き日の美しい姿に戻ればよかったのではないか。

 

2.ピノキオ

f:id:nano62:20170520230144j:plain

 人形職人のゼペットじいさんには子供がいなかった。そこで、木で男の子の人形を作ったら女神様が命をふきこんでくれたくれた。いい子になれば、人間の子供になれるという。しかし、悪い事、ウソをつくと鼻が伸びてしまう。ピノキオは人間の子供になれるのか?

 子供に知らない人にはついてっちゃいけませんよということを教える目的で見せる映画。でも最後は人間になれちゃうから、ダメか。w

 途中で出てくる遊園地がとても楽しそう。(キングダムハーツ3Dでこの遊園地で遊べる。感動した。)

 子供は生まれたときはみんな木の人形なのかもしれない。様々な経験を通して、「人間の子供」になっていくんだよね。子供はみんな女神様が命を与えてくれたかけがえのない存在。子供の成長が親の喜びなのだな、とわかる映画です。

 

3.ファンタジア

話がないから飛ばしましょう。すばらしい芸術作品です。アイディアに脱帽。

 

4.ダンボ

f:id:nano62:20170520231008j:plain

ディズニーランドで子供にはじめて飛行体験をさせる場所として有名なダンボ。本編をご覧になったことはありますでしょうか?

こども、ダンボをディズニーで乗る⇒感動する⇒おうちに帰ってダンボを見る⇒

f:id:nano62:20170520231253j:plain

ピンクのゾウ。⇒こども、号泣。

おかあさん、注意です。

こやつらはダンボの夢の中で出てくるのですが、私の夢にも出てきそうなくらい、

怖いです。

ダンボの本編自体は、自己暗示って大事なんだなと思わせる内容であります。ちょっとマイナーかな?ご興味がある方はぜひ本編をご覧になってみてください。

(ちなみにおかあさんとダンボに乗ったこどもは、10年後ジャスミンのフライングカーペットに彼女と乗ると思われる。)

 

4.バン

f:id:nano62:20170520231838j:plain

動物萌えな映画です。動物図機にはたまらない映画であります。手塚治虫も虜にした萌え映画であります。ジャングルブックも実写化されたし、これもそのうち実写化(というよりCG化?)されそうである。

ちなみに昔買っていたうさぎの名前がサンパーでした。

はぁ…(萌え中)。

 

5.ラテンアメリカの旅、3人の騎士

実は見た事がない。見たら、またなにか追記します。

ミッキーマウスレビューとエプコットのメキシコ館でしかお目にかかったことのないホセキャリオカとパンチート。

f:id:nano62:20170520232344j:plain

はぁ…メキシコ料理好きなので、なんかみたら食べたくなりそうだな〜。

 

今日はこの辺までで。次回は

シンデレラ、アリス、ピーターパンなど語れればと思います。

アディオス!

おれはジャイアン、ブルーノマーズ編と水曜日のカンパネラ。

最近はブルーノマーズのお嫁さんになることが夢です。

めっちゃかっこいい…。(ため息)

最近気がついたんですが、ケンブリッジ飛鳥さんとか、ブルーノマーズとか、私ちょい色黒でひきしまった男性にめっぽう弱いらしい。はぁ…(また、ため息)

というわけで、どうぞ。


24K Magic(Bruno Mars)

https://www.youtube.com/watch?v=ze8MWNkaLgw


Runaway Baby(Bruno Mars)


一休さん(水曜日のカンパネラ)

水曜日のカンパネラにもはまりました。歌が頭から離れないから、歌って脳内から成仏させてきた。

ところでサムネの画像ってどうやって編集するんだろか。大抵変顔だから悩む(笑)。

 

聴いてくださりました方、ありがとうございました。

俺はジャイアン、ララランド編

カラオケにララランドの楽曲が入ってたので、嬉々として歌ってきました。

途中で気づきましたが、これ、相手がいないとずっと一人芝居でさみしいわ…曲はいいのにね…。

1.Someone in the Crowd

2.Audition

3.Start The Fire


Someone In The CrowdLa La La Land


Audition(La La Land)


Start The Fire (John Legend/La La Land)

ララランドでジョンレジェンドのファンになりました。歌うめー!

聴いてくださった方、ありがとうございます。感謝しております。

ひさしぶりの更新ですぅ。(俺はジャイアン、ディズニー編)

また歌をアップしましたので、お知らせです。今回から顔出し(笑)。

1.How Far I'll Go〜モアナと伝説の海より。

2.Gaston〜ガストン映画バージョンより。

3.I Won't Say I'm In Love〜ヘラクレスより。

4.自由への扉〜(明日への扉になってるw)ラプンツェルより。


How Far I'll Go〜どこまでも (Moana モアナと伝説の海)


Gaston The Beauty And The Beast(ガストン 美女と野獣)


I Won't Say I'm In Love Hercures(恋してるなんていえない ヘラクレス)


明日への扉(ラプンツェル)

ラプンツェルのサムネが暗すぎて全然自由を感じられない点(笑)。

今度ディズニー映画紹介でもしようかな♩ディズニー黄金期第二期が大好きなんです。

聴いてくださりました方、ありがとうございました。感謝しております。

 

日本のディズニーについて

すみません。根っからのディズニー好きです。

今でもディズニーの中の人になりたいくらいなのですが、最近のディズニーリゾートのショボさについて、鬱憤が溜まっております。

まず、新規導入の乗り物がショボい。

トイマニも面白いですが、革新的なライドとは言えないと思います。あんなのナムコワンダーエッグギャラクシアンのが面白かったよー🌱

スティッチエンカウンターとタートル・トーク、裏で人喋ってるでしょ‥

なんというか、ライドを作ろうよ!ライド!

お金をかけずにニューアトラクションというのが、どーもパチ屋の新装開店!みたいなノリに感じるわけです。

イベントだってここ数年ずっと同じでしょ?

私がいいなー!と思っていたのはブレイジングリズムくらいまでですかね‥。

あの頃までは本当に、イベントがすごかった。世界観を塗り替えるほどの規模だったし、カッコよかったなー。

シンデレラブレーションを何年か立て続けたあたりから、イベントマンネリ感がスタートした気がします。

ライドもなんだかショボい‥。そりゃUSJに追い上げられるわけです。ハリポタやスパイダーマンはやっぱりライドとしておもしろいですもの。

上海も最新技術を駆使したパイレーツを導入していますが、日本は焼き回しばっかり。

正直飽きてます。○ンリオピューロランド化してませんか?

そもそもがディズニー直営でないところでズレが生じてきてるのだと思います。

ディズニーの従業員教育が、って夢を与える商売が夢の裏側を切り売りしちゃダメでしょ。

秘密にしろよ。なんだかわからないけど、ディズニーのキャストはすごい!みたいなね。

 

ここで日本に来て欲しいライド

1パリの、クラッシュコースター

ファインディングニモのクラッシュがジェットコースターになってます。映画見てても亀たちが泳いでるの楽しそうだったよね。自分もこんな風に泳いで見たーい!

これを叶えるライドであります。こういうのシーに作ろうよ 笑。

2上海の、ライトサイクル

トゥモローランドにいいではないですか。

3上海のパイレーツオブカリビアン

なぜ先に日本で作らなかったのだ!パイレーツこんなに日本で人気なのに。(私はそんなに好きじゃないけど 笑)○リエンタルランドの失態としか思えません。

 

ちなみにTOTはフロリダバージョンか一番好きです。やっぱすごいし、あのサイコホラーっぽいムードがいいのよ。まぁ日本では知られてないシリーズだから、それは仕方ないけどね‥。前に進む仕掛けとかはマネして欲しかったな〜。日本のはちとストーリーショボい‥(´・ω・`)。

 

逆に日本のアトラクションでよくやった!と思うのは‥

1センターオブジアース、海底二万マイル

ネモ船長の研究施設という設定のミステリアスアイランド。ここではがんばって独自の世界観を確立することに成功しています。

ライドのクオリティも高く、マジであの虫怖いし、地底探検のスリルを再現しています。

2昔のシンドバットセブンヴォヤッジ

今のお花畑空間とは違い、ガチの冒険活劇でした。イッツアスモールワールドをああいう形でやるっていうのは面白かったよね。

 

3ストームライダー

これも良作でありました。ドリーになる必要性ゼロでしょ‥。キャプテンディヴィスに恋した人も多いのでは?

 

このぐらいですかね 笑。

いずれも、独自の世界観を確立し、きちんと妥協せずにつくられているものです。

そういうものは何度でも乗りたいと思うし、息の長い人気アトラクションになるのです。

だってタートル・トークなんて3回も行けば正直飽きるっしょ?

スティッチなんて、タートル・トークの焼き回しかと行く気になんないす。

薄っぺらいお金の使い方をしないで、しっかりと良いものを作ろうとした方がいいと思いますよ。パスポートの代金あげるよりもよっぽど儲かるかと思いますがね。

なので、此度の大規模改修もまったく期待してないのであります。

アナ雪のアトラクション導入やめたって、お金かかるからでしょ?あれだって、ライドが斬新な動きをするいいアトラクションですよ。

とりあえずベイマックスはただくるくる回るだけのアトラクション、美女と野獣はハリーボッテーランドになると予測しているわけであります。ベイマックスがソアリン風(敵から逃げてサンフランソウキョウを飛び回り最後はちゃんとバトルする)、美女と野獣はちゃんとライドを作ったら褒めて遣わす。でも美女と野獣はライドになる場面があまりなさそうだから、あったとしてもアナ雪エバーアフターみたいな感じが限界ですかね。

というか、せっかく日本なんだから美女と野獣ランドよりもサンフランソウキョウにしたほうがいいと思うのです。

子供が遊べる化学基地みたいなの作ったりしてさ。

すみません、大好きだから文句が多くなってしまいました。

 

 

 

モアナと伝説の海

ネタバレなしでいきます。

字幕版で見てきました✨頭の中はシャイニーング✨✨

アラジン、ヘラクレスのロンクレメンツ監督が制作のディズニー最新作であります。

どちらの作品も大好きなので、期待大で見に行ってまいりました!

感想は良かったです!アラジンの冒険活劇とヘラクレスの痛快さが合体した良作であります。

この監督の作品は、胸アツ展開が多いのですが、今回もありました。ディズニーのワクワク感ここにあれり!です。

少し短い感じはしたかな?でもファインディングドリーは「まだ終わらねーのかよー」というイライラ感が半端なかったのでこのぐらいサクサクしてた方が私は好きでした。

海の上じゃつまらないんじゃないの?と思いましたが、そんなことはない、リトルマーメイドがアンダーザシーの名作なら、こちらはアバブザシーの、名作であります。

そして楽曲はハズレなし、ノリノリです。夏に見たかったな 笑。

そして、この監督は神話をベースにしたお話を現代風に蘇らせるのが上手です。

4月からは4DXバージョンも公開されるとのことですが、絶対に合うと思います。

私はディズニーランドのアトラクションになったら面白いと思います。上海のライドが回転する技術とか使ったらなかなか楽しいのではないかと‥✨てか上海ディズニーいきたーい!パイレーツ乗りたーい!だれか行きましょう 笑!

f:id:nano62:20170325142823j:image

 

ではではシャイニーング✨

【おれはジャイア○】いけないダンス、Dear John

引き続き動画アップです。さっきのくくりでどれにも分類できなかったものであります。

1.いけないダンス/ゲスの極み乙女(Alb.両成敗)

2.Dear John/Taylor Swift(Alb.Speak now)


いけないダンス


Dear John

邦楽を歌っているとなぜか恥ずかしくなってしまう症候群(という恥ずかしい症候群)。

聴いてくださった方、ありがとうございます。感謝しております。